hiraoka group ロゴ
Self-Assembly Process
Information
item8a
badge

©2010 The Hiraoka Group. All Rights Reserved.

2016年10月14日:M2の中川君が若手研究会でポスター賞を受賞しました.

2016年9月29日:メンバーを更新しました。

2016年9月4日:M2のZhan君が第27回基礎有機化学討論会でポスター賞を受賞しました。

2016年4月4日:メンバーを更新しました.

2015年11月23日:M2のZhan君が国際学会でポスター賞を受賞しました.

2015年10月7日:M2の甲斐君が若手研究会でポスター賞を受賞しました.

2015年9月14日:メンバーを更新しました.

2015年8月27日:自己集合性錯体の形成機構を調べる新手法であるn-k解析法について述べた論文がChem. Rec.誌に掲載されました.[Link]

2015年6月10日:環状錯体の形成機構の解明に関する論文がJ. Am. Chem. Soc.誌に掲載されました.[Link]

2015年4月1日:メンバーを更新しました.

2014年9月26日:Chem.Sci.に掲載された論文がBack Coverに選ばれました.[Link]

2014年7月20日:ヘキサフェニルベンゼン誘導体の合成法の開発に関する論文がChem. Commun.に掲載されました.[Link]

2014年7月16日:自己集合のメカニズムに関する論文がChem. Sci.に掲載されました.[Link].

2014年4月30日:小島助教が日本化学年会で優秀講演賞(学術)を受賞しました.[Link]

2014年4月5日:メンバーを更新しました.

2014年3月5日:ナノキューブの動的特性に関する理論研究(横浜市立大 立川研究室主導)の論文がChem. Lett. に掲載されました.[Link]

2014年2月9日:ヘキサフェニルベンゼン誘導体の新規合成法の開発に関する論文がOrg. Lett.に掲載されました[Link].

2013年10月28日:辻本裕也君(D2)のポスター賞,RSC Awards受賞に関する記事が新学術領域「動的秩序と機能」のニュースレターとして発表されました[Link]

2013年920日:横浜市立大学,立川研究室と研究打ち合わせを行いました.[Facebook Page]

2013年9月20日:メンバーを更新しました.

2013年9月8日:辻本裕也君(D2)が第24回基礎有機化学討論会のポスター賞とRSC Awardsを受賞しました.[Link][Facebook Page]

2013年9月2日:共同研究を行ってる横浜市立大学の増子さん(立川研究室 M2)が分子化学討論会で歯車状両親媒性分子に関する理論研究の成果「溶液中における歯車状両親媒性分子の動的特性に関する理論的研究を発表します.

2013年8月26日:新学術領域研究「生命システムにおける動的秩序形成と高次機能発現」のwebサイトが開設されました.[Link]

2013824日:第24回基礎有機化学討論会に参加します.[Link]

辻本裕也:八面体型Pd(Ⅱ)カプセルの自己組織化メカニズムの研究

小島達央:ヘキサフェニルベンゼン誘導体の位置選択的交互型トリリチオ化の反応機構研究

2013年8月5日:横浜市立大学,立川研究室と研究打ち合わせを行いました.[Facebook Page]

2013年4月1日:メンバーを更新しました.

2013年314日:講演予定を更新しました.[Presentation]

2013年2月1日:横浜市立大学,立川研究室と研究打ち合わせを行いました.[Facebook page]

2013年1月18日:物材機構の竹内正之先生の講演会を開催致しました.講演会にご参加頂きました皆様ありがとうございました.[Facebook page]

2012年12月27日:2013年1月18日15:00より物質・材料研究機構の竹内正之先生をお招きし講演会(第6回機能超分子セミナー)を開催致します.[講演会チラシ]

2012年7月18日:同志社大学の水谷 義先生の講演会を開催しました.参加者の皆様ありがとうございました.[Facebook page]

 

それ以前のInformation

H

東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 平岡研究室(機能超分子化学研究室)

Home

Research

Member

Publications

Seminars

Presentations

Links

About

多環芳香族分子の

合成法の開発

金属錯体型ナノカプセル

M6L8Angewandete

歯車状両親媒性分子

nanocube2

H

Photos

Access

産学連携

ナノキューブ

ナノキューブの展開図

多環芳香族分子の合成化学と自己組織化の科学

item14

大学院生(修士課程,博士課程),外研生の募集を行っています.

web
item15

Awards

自己集合過程の律速段階:6つの金属イオンと8つのパネル型の分子から正八面体の形をした自己集合体が形成されます.では,この構造はどうやってできたのでしょう?形成
halogendance